ソフト・ツール

【OBSにリアルタイム字幕】ゆかりねっとコネクターNeoの使い方

ゆかりねっとコネクターNeoとは

ゆかりねっとコネクターNeoは、マイクで拾った音声をリアルタイムで字幕に変換し、OBSなどの配信ソフトと連動させ表示させることが出来る無料ツールです。

従来の『ゆかりねっとコネクター(無印)』に比べ、機能や設定画面が簡略化されているため、より軽く快適な動作が実感できます。

ゆかりネット(無印)の使い方はこちらの記事を参考にしてみて下さい!

このページでダウンロードする物
OBS Studio 無料生配信ツール(最新版推奨)
obs-websocket OBSを遠隔操作できるプラグイン(最新版推奨)
ゆかりねっとコネクターNeo リアルタイムで字幕を生成してくれる無料ソフト

1.ゆかりねっとコネクターNeoをダウンロード

ゆかりねっとコネクターNeo』をダウンロードしましょう。従来のゆかりねっとコネクターよりも動作が軽くシンプルな設計になっています。

ゆかりねっとコネクターNeoをダウンロード

▲配布サイトから『ゆかりねっとコネクターNeo』をダウンロードしましょう。

▲ダウンロードしたファイルを解凍し、exeファイルを実行しましょう。

2.obs-websocketをダウンロード

続いて『obs-websocket』という、ゆかりねっとコネクターNeoをOBSと連携させることが出来るプラグインをダウンロードしましょう。

obs-websocketをダウンロード

▲配布サイトの下部にある『Windows-Installer.exe』をクリックしましょう。

▲ダウンロードしたファイルを実行し『Next』→『Install』を選択。

▲『OBS Studio』を実行。上メニューの『ツール』の項目に『Websocket サーバー設定』が追加されていると思いますのでクリックしましょう。

▲『Websockets サーバーを有効にする』にチェックを入れましょう。サーバーポートなど、その他の項目はデフォルトで大丈夫です。

ゆかりネットの初期設定

▲プロフィール部分の言語を『日本語』に設定しましょう。

▲『音声認識の種類』にて、ひとまずは『ブラウザ』にチェックを入れましょう。

OBSと連携させる

▲下の方にある『プラグイン一覧』から『OBS連携プラグイン』にチェックを入れ、設定をクリック。

▲数字を『4444』に設定。母国語の部分に例として『字幕』と記入。最後に『OBSに接続』をクリックしましょう。

▲『OBS』を起動。ソースの部分に『テキスト』を追加しましょう。

▲『新規作成』を選択し『字幕』という名前に設定しましょう。

▲カラーなどの設定が可能ですが、ひとまずは『OK』をクリックし、保存しましょう。

▲ゆかりねっとコネクターNeoに戻ります。上部メニューのマイクの様なアイコンをクリックしましょう。

▲Google翻訳ライブラリが立ち上がると思うので、マイクの許可をONにし、何か喋ってみましょう。

▲OBSにて、喋った内容が字幕となって表示されていれば成功です。

文字のカスタマイズ

▲Google翻訳ライブラリでの連携の場合、フォントのカスタマイズはOBS側から設定することになります。

OBSに追加した『字幕』を右クリック→プロパティを選択。文字の色・背景の色・文字の枠の色などを設定可能です。

▲『テキストの領域の範囲を指定する』+『折り返す』にチェックを入れることで、指定した横幅を字幕の文字が超えた場合、自動で改行するようになります。

▲『こんにちはこんばんはよろしくお願いします』と発言した時の例。『折り返す』にチェックを入れなかった場合、文字が途中で切れてしまいます。

▲『折り返す』にチェックを入れることで、自動で改行が行われます。改行した時のことを考えて『高さ』の数値を2行もしくは3行分に設定しておきましょう。

【2022年版】OBSを使った複数サイトの同時配信のやり方!OBSを使ってマルチ配信を行う方法 例えば『YouTube Live』と『ニコニコ生放送』など・・・1つの配信ツールで2サイト同時に配...
【2022年版】同時配信対応!放送画面にコメントを表示する方法!コメントを放送画面に表示する方法 視聴者からのコメントを配信画面に表示したい場合『マルチコメントビューアー』『コメント...