【2022年最新】ゲーム実況動画の作り方 録画方法 必要機材まとめ!

ゲーム実況に必要な物

ゲーム実況配信に必要な機材
必要な物
  1. キャプチャーボード
  2. パソコン
  3. PCマイク
  4. ゲーム用モニター
  5. 録音・録画・編集ツール

このサイトでは高画質なゲーム実況動画の撮影・配信方法、オススメの配信機材・編集方法・収益化方法など、初心者向けにわかりやすく解説しています!

1.キャプチャーボード

まず、ゲームの実況動画・実況配信を行うためにはキャプチャーボードと呼ばれる、ゲームの映像をパソコンに取り込むための機材が必要になります。

ゲーム実況 キャチャーボード 遅延あり

▲『ゲーム機』→『キャプチャーボード』→『パソコン』のみで接続を行った場合でも、映像の録画・配信は可能ですが、若干ラグを感じでしまう可能性があります。

ゲーム実況 キャチャーボード 遅延なし▲パススルーパソコン+モニターに同時に出力し、ラグを感じずにプレイできる機能により、録画・配信はパソコンに取り込んだ映像・・・実際に見てプレイするのはラグの無いモニターの映像・・・といった感じで快適に実況することが出来るため推奨です。

※モニターはゲームモードが搭載されたテレビでも問題ありません。

キャプチャーボードってたくさんあるから迷っちゃう・・・。
初めに『これさえあれば全てのゲーム機に対応できる』といったキャプチャーボードを2個紹介するよ!

オススメ!
GC550 PLUS
オススメ!
GV-USB2
HDMI出力 コンポジット出力
最高解像度:1920×1080 最高解像度:720×480
画質:1080p/60fps 画質:480i/30fps
USB3.1対応 USB2.0対応
4Kパススルー対応
約20,000円 約3,000円
HDMIケーブル1本
高性能録画ソフト付属
 
PS5・PS4・PS3(別機材が必要)・Nintendo Switch・WiiU・Wii(別機材が必須)・iPhone・iPad・Xbox One・Xbox 360
Wii・ゲームキューブ・任天堂64・SFC・PS3・PS2・PS

AVerMediaシリーズ(GC550 PLUS)は、定番とも言えるほどの大人気キャプチャーボードであり、高性能な録画ソフトが付属しているため超オススメです!

▲コンポジット出力の古いゲームの場合は『GV-USB2』+『分配ケーブル』を接続することで、録画・配信と同時に遅延の無いプレイが可能になります。

HDMIに対応したゲームは『GC550 PLUS』・・・対応していない古いゲームは『GV-USB2・・・といった感じ!
この2つのキャプチャーボードを持っていれば、ほぼ全てのゲーム機に対応できるね!
詳しくはこちらの記事から!
ゲーム実況を録画する方法!最強キャプチャーボードGC550 PLUS!GC550 PLUSのスペック ど定番HDMIゲームキャプチャー! AVerMediaシリーズ『GC550 PL...
【古いゲーム】PS PS2 PS3 Wii SFC GC 64の実況動画を撮る方法!コンポジット端子対応!古いゲームの実況動画を撮る方法 プレイステーションやスーパーファミコンなどのレトロゲームは『コンポジット端子』と呼ばれ...
パソコン画面を簡単にキャプチャーする方法!最強ソフトBandicamをレビュー!Bandicamは最強キャプチャーソフト 使いやすさNo1、理想の画面キャプチャーソフト! 『Bandicam』...

2.マイク

マイクの種類
  • USBマイク
  • コンデンサーマイク(XLR接続)
  • ダイナミックマイク(XLR接続)

実況配信・撮影を行うにあたって『PC用マイク』の購入はほぼ必須です。PC用マイクには1,000円で買える物から10万円以上かかる物まで、たくさんの種類があります。

最初の内はUSBマイクで十分です。USBコード1本のみで接続できるお手軽さと、1~2万円前後で購入できるコスパの良さが、初心者・上級者問わず人気である理由です。

おすすめのマイクBEST3!
マイクの詳細はこちらの記事から!
【2023年版】ゲーム実況配信にオススメのUSB高音質マイク12選!オススメのUSB高音質マイク 高音質 高評価 高コスパ 簡単に接続できる ゲー...
ゲーム実況はコンデンサーマイクとダイナミックマイクどっちがいい?違いを解説!マイクの違いを解説 マイクの違いを超簡単に解説! マイクには『コンデンサーマイク』と『ダイナミックマイク』の2種...

3.ゲーム用モニター

ゲーム実況は『デュアルモニター』推奨です。配信・録画行う場合、多くのアプリを立ち上げる必要がある為、2つモニターがあると非常に便利です。

1つのモニターに『パソコンとキャプチャーボード両方を接続』することで、デュアルモニター・遅延の無いゲームモニター+シングルモニター、両方の操作が可能になります。

▲デュアルモニターとして利用したい場合、横に並べて設置することを考えると『サイドフレームが細い・アナログボタンが下に付いている』タイプがオススメになります。

おすすめのモニターはこちらから!
【2023年版】ゲーム実況用のおすすめデュアル用モニター!ゲーム実況はデュアルモニターがおすすめ ゲーム実況するなら複数モニター! ゲーム実況録画・配信を行う際、録音ソフ...

4.録画・録音・編集ツール

ゲーム実況を投稿するには『動画を録画』『音声を録音』『動画の編集』を行うツールが必要です。拘らなければ、全て無料で利用することが出来ます。

動画の録画はキャプチャーボードに付属しているソフト、音声はフリーで公開されているAudacityというツール、動画編集はAviUtlという無料ツールをオススメします。

音声の録音方法
【2023年版】無料ソフトAudacityを使って音声を録音編集する方法!Audacityを使っての収録方法 パソコンで実況音声の録音を行うのであれば、無料ソフト『Audacity』がオススメ...
無料編集ソフトの使い方
【AviUtlの使い方】導入・ダウンロード・初期設定方法を解説AviUtlで出来ること AviUtlは、無料で利用できる『動画編集&エンコーダーツール』です。シンプルな操作方法によ...
【AviUtlの使い方】初心者向けの基本操作 テロップ・エンコードなどAviUtlの導入方法 このページでは、AviUtlを使った基本の編集操作方法を解説します! 今回紹介する基本操作方法さえ押さえ...

5.パソコンの必要スペック

CPU Core i5 以上推奨
メモリ 16GB 以上推奨(最低8GB異常)
ストレージ SSD(256GB以上)を推奨
PCの大きさ ミドルタワー推奨
グラフィックボード GTX 1650 相当以上推奨

CPU

『Core i5』あれば、録画ソフト・配信ソフトは問題なく動作します。今後のアップデートや超高画質での録画を考えるのであれば『Core i7以上』は搭載しておきたいです。

メモリ

最低『8GB』は搭載しておきましょう。同時配信・パソコンゲーム配信・Vtuber配信など、録画・配信時に重いアプリを多数起動するのであれば『16GB以上』は欲しいです。

ストレージ

OSやアプリをインストールしておくストレージは、HDDでも問題ないですが、出来ることならば『SSD』を推奨。容量も出来ることなら『512GB以上』推奨です。

PCの大きさ

パソコンはデスクトップのタワー型を推奨。タワー型は通気性が良く冷却機能に優れています。増設など、後々カスタマイズしやすいように設計されているためオススメです。

グラフィックボード

『GTX 1650』以上を推奨。値段で言うと2万前後の製品であれば問題なく動作します。重いPCゲーム(FPS)などをプレイしない限りはこれくらいのスペックで十分です。

グラフィックボード詳細記事はこちら!
【2023年版】ゲーム実況・動画編集にオススメのグラフィックボード5選実況者にオススメのグラフィックボード 初心者向けに出来るだけわかりやすくザックリと紹介! ゲーム実況の録画・配信...
【2023年版】動画編集者ゲーム実況者オススメ!便利機材13選!現役ゲーム実況者が使う機材 ガチでコスパの良い便利な実況機材12選! 実況動画投稿・配信歴15年の筆者がオススメ...