ソフト・ツール

【2022年版】無料ソフトAudacityを使って音声を録音編集する方法!

Audacityを使っての収録方法

パソコンで実況音声の録音を行うのであれば、無料ソフト『Audacityがオススメです。

Audacity(オーダシティ)は、録音・MIX・ノイズ消去・音量調整・部分編集・MAVファイルの書き出しなど…、必要な編集機能が多く詰め込まれた無料オーディオツールです!

Audacityってそんなに凄いの?
多くの実況者さんが使う高性能録音ツールだよ!無料だし直感的に操作できるから初心者の方にもオススメ!

本体ファイルは下記のリンクからダウンロード可能です。公式サイトは英語表記ですが、日本語でインストールすることが出来るので安心してください。

Audacityをダウンロート

▲『Audacity公式サイトにアクセスし、環境に合ったダウンロードリンクを選択。

▲ダウンロードしたファイルをクリックするとセットアップ画面が表示されます。日本語を選択しインストールしましょう。

音声を録音する

▲接続しているパソコンマイクを選択しましょう。パソコンマイクを持っていない場合は購入する必要があります。オススメはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

▲赤い丸ボタンをクリックし、マイクに向かって喋ってみましょう。四角いボタンを押すことで録音を停止できます。

▲このような感じで録音されていれば成功です!

ノイズを除去する

▲マイクの種類によっては『サー…』といったノイズが発生している可能性があります。ノイズが発生しないマイクについてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

▲まずはノイズのサンプリングを取得します。声の入っていないノイズだけの部分を探し出し『左クリックをしたままマウスを横に移動』で選択状態にします。

▲『エフェクト』→『ノイズの低減』を選択。

▲『ノイズのプロファイルの収得』を選択。これにより、先ほど選択した部分と似たような音源を『ノイズ』として認識させます。

▲音声部分をすべて選択した状態にします。上記の様に、赤に囲まれた部分をクリックすることで全選択状態にすることが出来ます。

▲もう一度『エフェクト』→『ノイズの低減』を選択し、今度は『OK』をクリック。

▲ノイズが無くなりました!

▲クリック音や破裂音など、除去しきれなかったノイズに関しては『無音化』を行うことで除去することが出来ます。

▲除去したい場所を選択状態にし『編集』→『特殊な削除』→『無音化』を選択。

▲ノイズが消えて綺麗になりました!

音量を調整する

▲左側の『+-バー』からも調整可能ですが、しっかりと視覚的にも反映させたい場合は『エフェクト』→『増幅』を選択。

▲『dB』の部分を初期値よりも2~3割ほど下げた数値に設定し、OKをクリック。

▲音量が大きくなりました!

音量を平均化する

▲大声と小さい声の音量差が離れすぎていると、聞き手側に不快感を与えてしまう可能性がある為、自然な形での『平均化加工』が必要になるケースがあります。

▲『エフェクト』→『コンプレッサー』を選択。

▲『閾値』部分を左に移動するほど『大きい音は小さく、小さい音は大きく』つまり音が平均的になりやすくなります。値を決定したらOKをクリック。

▲先ほどよりも、大きい音は少し小さく、小さい音は少し大きくなりました!

MP3とWAV出力はどっちがいい?

▲ファイルを出力したい場合は『ファイル』→『書き出し』から『MP3として書き出し』か『WAVとして書き出し』のどちらかを選択。

2つの形式の違いをあげると、WAVは未圧縮ファイル、MP3は圧縮ファイルです。WAVはMP3の『約4倍』のファイルサイズですが、未圧縮なので音質は上です。

後に動画編集で使用することを考えると、高音質である『WAV』の方がおすすめですが、編集画面が多少重くなる・ストレージの容量を食う…などのデメリットがあるため、自身の環境に合った形式を選択するようにしましょう。

【2022年版】ゲーム実況配信にオススメのUSB高音質マイク12選!オススメのUSB高音質マイク 高音質 高評価 高コスパ 簡単に接続できる ゲー...
【AviUtlの使い方】導入・ダウンロード・初期設定方法を解説AviUtlで出来ること AviUtlは、無料で利用できる『動画編集&エンコーダーツール』です。シンプルな操作方法によ...